【無料問題集付き】Google Cloud Professional Cloud Architect試験とは?試験の難易度や勉強方法、合格に必要な勉強時間を解説します。

Google Cloud Professional Cloud Architect試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説!

Google Cloud Professional Cloud Architect試験は、主にGoogle Cloudを使ったアーキテクチャ設計について、上級レベルのスキルを評価する、Google Cloud(GCP)の資格資格試験です。

この試験は、クラウドアーキテクチャと Google Cloud に関する専門的な知識を活かして、ビジネス目標を実現するために、スケーラブルで高可用性を備え、堅牢かつ安全な動的ソリューションを設計、開発、管理する能力を評価します。

具体的には、以下の領域の知識が問われます。

  • クラウド ソリューション アーキテクチャの設計と計画
  • クラウド ソリューション インフラストラクチャの管理とプロビジョニング
  • セキュリティとコンプライアンスに対応した設計
  • 技術プロセスやビジネス プロセスの分析と最適化
  • クラウド アーキテクチャの実装の管理
  • ソリューションとオペレーションの信頼性の確保

この試験には特定の前提資格や実務経験は必要ありません。年齢や国籍に関わらず、どなたでも受験可能です。

Google Cloudを活用したクラウドエンジニアとして、アーキテクチャ設計をはじめとする、上流工程のコンピューティングスキルを証明したい方に最適な資格試験となっています。

Google Cloud Professional Cloud Architectの他に、Google Cloudの認定資格には、以下のようなものがあります。

資格名 認定試験レベル 主要な内容 試験の需要 知名度
Cloud Digital Leader 基礎 クラウドのコンセプト、Google Cloud のプロダクト、サービス、ツール、機能、メリット、ユースケースに関する幅広い知識 超高
Associate Cloud Engineer アソシエイト クラウド プロジェクトをデプロイして維持するための基礎知識 超高
Professional Cloud Architect プロフェッショナル クラウドアーキテクチャと Google Cloud に関する専門的な知識 超高
Professional Cloud Database Engineer プロフェッショナル Google Cloud環境を活用したデータベースと IT に関する全般的な知識
Professional Cloud Developer プロフェッショナル Google が推奨するツールとベスト プラクティスを使用した、スケーラブルで可用性の高いアプリケーション関する知識
Professional Data Engineer プロフェッショナル Google Cloud環境におけるデータ処理システムの設計、構築、運用化、保護、モニタリングの専門知識
Professional Cloud DevOps Engineer プロフェッショナル Google 推奨の手法とツールを使用した、システム開発ライフサイクル全体のプロセスに関する知識
Professional Cloud Security Engineer プロフェッショナル Google のセキュリティ技術を利用した、安全なソリューションを設計、開発、管理に関する知識
Professional Cloud Network Engineer プロフェッショナル Google Cloud を活用したネットワーク アーキテクチャの実装、管理に関する知識
Professional Google Workspace 管理者 プロフェッショナル Google Workspace 構成、ポリシー、セキュリティ対策に関する知識
Professional Machine Learning Engineer プロフェッショナル  ML モデルと技術の知識を使用した、ビジネス上の課題を解決する ML モデルを設計、作成、製品化に関する知識

他の認定試験についての詳しい情報は、以下で解説しています。

【無料問題集付き】Google Cloud Digital Leader試験とは?試験の難易度や勉強方法、合格に必要な勉強時間を解説します。
Google Cloud Digital Leader試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! Google Cloud Digital Leader試験は、初級レベルのクラウドコンピューティングに関するスキルを評価する、Googl...
【無料問題集付き】Google Cloud Associate Cloud Engineer試験とは?試験の難易度や勉強方法、合格に必要な勉強時間を解説します。
Google Cloud Associate Cloud Engineer試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! Google Cloud Associate Cloud Engineer試験は、Google Cloudの中級レベ...
【無料問題集付き】Google Cloud Professional Data Engineer試験とは?試験の難易度や勉強方法、合格に必要な勉強時間を解説します。
Google Cloud Professional Data Engineer試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! Google Cloud Professional Data Engineer試験は、Google Cloudを...

Google Cloud認定試験の有効期限や取得するメリットなど、詳しい情報は以下で解説しています。

【無料問題集付き】Google Cloud(GCP)認定資格とは?主要22種類の難易度やメリット、おすすめの勉強順を完全解説
Google Cloud(GCP)とは?主な特徴や、他クラウドサービスとの比較 Google Cloud(グーグル クラウド)は、クラウドコンピューティングプラットフォームとして提供されている、Googleのサービスです。 クラウドコンピュ...

Google Cloud Professional Cloud Architect試験の概要

クラウドアーキテクチャと Google Cloud に関する専門的な知識を証明するために受験される方には、「Google Cloud Professional Cloud Architect」試験が用意されています。

項目 概要
試験名 Professional Cloud Architect
試験内容 クラウドアーキテクチャと Google Cloud に関する専門的な知識
試験日 通年実施
試験時間 120分
問題数 小問:50~60問
ケーススタディ
合格点 不明 ※非公開
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式
マウスによる選択方式
受験場所 テストセンター、自宅受験(Kryterion)
受験料 200ドル(税別)
合格率 不明 ※非公開

Google Cloud Professional Cloud Architect試験の出題内容と重要なキーワード、所感

Professional Cloud Architect試験の出題範囲には、以下の項目が挙げられます。

  • セクション 1: クラウド ソリューション アーキテクチャの設計と計画
  • セクション 2: ソリューション インフラストラクチャの管理とプロビジョニング
  • セクション 3: セキュリティとコンプライアンスを考慮した設計
  • セクション 4: 技術プロセスやビジネス プロセスの分析と改善
  • セクション 5: 実装の管理
  • セクション 6: ソリューションおよびオペレーションの信頼性の確保

それぞれの出題範囲について、重要な点や、所感などをまとめたものが、以下の表になります。試験対策の参考にしてください。

セクション 重要なキーワード、所感など
クラウド ソリューション アーキテクチャの設計と計画
  1. ビジネス要件を満たすソリューション インフラストラクチャの設計: ビジネスの要件とプロダクト戦略を考慮し、それに基づく適切なクラウドソリューションの設計。費用対効果を最大化するために、クラウドリソースの最適な利用法と柔軟な設計。
  2. 技術要件を満たすソリューション インフラストラクチャの設計:  ソリューションに必要な高可用性とフェイルオーバー機能を組み込む。成長要件を考慮した、スケーラブルでパフォーマンスの高いインフラストラクチャの設計。
  3. ネットワーク、ストレージ、コンピューティング リソースの最適な設計: VPC、ピアリング、ファイアウォール、コンテナネットワーキングを組み合わせ、効果的なネットワーク設計。データ処理技術やストレージタイプ、コンピューティングリソースの適切な選択。
ソリューション インフラストラクチャの管理とプロビジョニング
  1. ネットワーク トポロジの構成: クラウドとオンプレミスの環境を統合するためのハイブリッド ネットワーキングの理解と実践。Google Cloud 間の通信や他のクラウドプロバイダとの通信を含むマルチクラウド環境の構築方法の習得。侵入防止、アクセス制御、ファイアウォールなどを含むセキュリティ対策の理解と実践。
  2. ストレージ システムの個別構成:  データストレージの要件に基づいた適切な割り当てと管理。ストレージシステムへのセキュアなアクセスとデータの管理。データの保持期間とデータライフサイクルの管理。
  3. コンピューティング システムの構成: 適切なコンピューティングリソースのプロビジョニング方法の理解。プリエンプティブルと標準のコンピューティングリソースの違いや変動性の構成方法の習得。Google Compute Engine、Google Kubernetes Engine、サーバーレス ネットワーキングなどのネットワーク構成方法の理解。
セキュリティとコンプライアンスを考慮した設計
  1. セキュリティを考慮した設計: IAMの基本原則を理解し、適切なアクセス権をユーザーやサービスに付与する方法。Google Cloudのリソース階層を活用して、組織やプロジェクト内での適切なアクセスと管理を確保する方法の理解。データの鍵管理、暗号化、シークレット管理に関するベストプラクティスの理解。
  2. コンプライアンスを考慮した設計: 健康記録のプライバシー、児童のプライバシー、データのプライバシー、所有権など、異なる法規制への対応方法の理解。クレジットカードの情報処理などのセンシティブ データ、個人を特定できる情報(PII)などの商用データの適切な処理方法の理解。ログの収集、監査ログの管理など、監査に関するGoogle Cloudのベストプラクティスの理解。
技術プロセスやビジネス プロセスの分析と改善
  1. 技術プロセスの分析、定義:  SDLCの各フェーズにおけるベストプラクティスやGoogle Cloudが提供する開発ツールの理解。CI/CDツールの導入や継続的デリバリーの手法の理解。
  2. ビジネス プロセスの分析、定義: ステークホルダーの関与や期待管理、影響評価の手法の理解。意思決定の手法やGoogle Cloudが提供するデータ駆動の意思決定支援ツールの理解。Google Cloudのコスト管理ツールの活用やコスト最適化の手法の理解。
  3. 本番環境でソリューションの信頼性を確保する手順を開発する: 本番環境での信頼性向上のための手法やセキュリティテストの手法の理解。
実装の管理
  1. ソリューションの確実な導入に向けた開発チームや運用チームへの助言: 高品質なアプリケーション開発に向けたプロセスやベストプラクティスの理解。Google Cloudが提供する開発ツールやサービスを効果的に使用する方法の習得。セキュアで効率的なAPIの設計と実装に関するベストプラクティスの理解。APIドキュメンテーション、セキュリティ、監視の実践的なアプローチの習得。
  2. Google Cloud をプログラムで操作する: クラウド環境をブラウザ上で直接操作するGoogle Cloud Shellの使用方法や基本的なコマンドの理解。シェルを使用してGoogle Cloudプロダクトとやり取りするスキルの習得。Google Cloud SDKを使用してコマンドラインからGoogle Cloudを操作する方法の理解。gcloud、gsutil、bqコマンドの基本的な使用法の習得。
ソリューションおよびオペレーションの信頼性の確保
  1. モニタリング、ロギング、プロファイリング、通知ソリューション: Google Cloudが提供するモニタリングツールの活用方法を理解し、システムやサービスの健康状態をリアルタイムで把握するスキルの習得。
  2. デプロイとリリース管理: デプロイ戦略(青緑デプロイ、カナリアリリースなど)の選定と実行に関する知識の習得。リソースのスケーラビリティや可用性を考慮したデプロイの実践。Google Cloud BuildやCloud Deployment Managerの活用方法の習得。
  3. デプロイされたソリューションをサポート支援する: デプロイされたシステムやサービスのトラブルシューティング手法や、Google Cloudが提供するデバッグツールの使い方の習得。

試験内容についてのより詳しい情報はグーグル公式サイトよりご確認ください。

Google Cloud Professional Cloud Architect試験の勉強時間と合格するためのポイント

Google Cloud Professional Cloud Architect試験を勉強する時間の目安は以下の通りです。

  • Associate Cloud Engineer資格の取得者・・・2カ月
  • 1年以上Google Cloudに関連する業務経験がある方・・・3カ月

Google Cloud Professional Cloud Architect試験は「上級レベル」と定義されています。難易度が高く、中級資格であるAssociate Cloud Engineerの知識を前提とした設問が出題されます。

Google Cloudの各サービスの基本概念やデプロイ、管理やモニタリングについて、インフラストラクチャ面で包括的な知識レベルが要求されます。

例えば、以下のような問題が出題されます。

 

あるWebアプリケーションは、Google Kubernetes Engine(GKE)を使用した、複数のワークロードを管理します。 1 つのワークロードでは、ポッドのスケーリングと再起動の後でも一貫したホスト名のセットが必要です。
このとき、Kubernetes のどの機能を使用する必要がありますか。

①ロールベースのアクセス制御
②StatefulSet
③コンテナ環境変数
④永続ボリューム

正解:②(解説は、当サイト問題集より参照ください!)

Google Cloud Professional Cloud Architect試験では、選択方式の問題の他に「ケーススタディ」という、架空の企業のビジネス資料を読み込み、クラウド導入をテーマとした設問に答える問題が出題されます。

グーグル公式サイトでは、試験で使用されるテーマを事前に公開していますので、本番試験で焦らないためにも、事前に読み込んでおく必要があります。

Professional Cloud Architectの試験が難しすぎるように感じる方は、「Associate Cloud Engineer」の受験をお勧めします。

【無料問題集付き】Google Cloud Associate Cloud Engineer試験とは?試験の難易度や勉強方法、合格に必要な勉強時間を解説します。
Google Cloud Associate Cloud Engineer試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! Google Cloud Associate Cloud Engineer試験は、Google Cloudの中級レベ...

まとめ:Google Cloud Professional Cloud Architect試験について

Google Cloud Professional Cloud Architect試験についてまとめると、以下のようになります。

まとめ
  • クラウドアーキテクチャと Google Cloud に関する専門的な知識が問われる、上級レベルのGoogle Cloud認定資格
  • 120分で50~60問前後が出題される。合格ライン、合格率は非公開
  • 選択方式の問題の他に、「ケーススタディ」という、架空の企業のビジネス資料を読み込み、クラウド導入をテーマとした設問に答える問題が出題される
  • Associate Cloud Engineer資格の取得者で最短2か月、1年以上Google Cloudに関連する業務経験がある方で最長3か月程度の勉強時間が必要である
  • Professional Cloud Architectの難易度が難しすぎるように感じる方は、まずは中級資格であるAssociate Cloud Engineerの挑戦をお勧めする

当Webサイトでは、Google Cloud Professional Cloud Architectの模擬問題集に無料でアクセスすることができます!

「IT Concepts Japan」では、無料会員登録をすることで、100問以上のGoogle Cloud Professional Cloud Architectの模擬問題集に無期限でアクセスすることが可能です!

累計利用者25,000人以上、Azure, GCP, CompTIAの合格実績に定評がある当問題集を、この機会に是非お試しください。

Google Cloud Professional Cloud Architect 問題集
充実した解答、解説付きのGoogle Cloud Professional Cloud Architect 問題集に無料でアクセスすることができます。