【無料問題集付き】CompTIA Network+とは?試験の難易度や試験内容、勉強時間を解説します。

CompTIA Network+とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説!

CompTIA Network+(コンプティア ネットワーク プラス)は、基礎レベルのITネットワークプロフェッショナルに求められるスキルを評価する国際的に認知された認定資格です。

この試験は、CompTIA (米国シカゴで発足した非営利のIT業界団体)が運営する認定資格であり、セキュリティ分野における基礎的な知識を問われます。2019年9月時点で資格保有者は50万人を超える、世界でスタンダードなIT資格と言えます。

CompTIA認定資格の大きな特徴は、ベンダーニュートラルである点です。例えば、CCNAの場合はCisco製品、Oracle認定資格の場合はOracle製品に関する知識が問われますが、CompTIA認定資格の場合、デバイスやOS、ネットワークの種類やベンダーに依存しない、普遍的な知識を学ぶことができます。

この試験では以下に関する知識が問われます。

    1. ネットワークサービス、物理接続、トポロジとアーキテクチャ、クラウド接続などの基本的なネットワークの概念を理解する
    2. イーサネットソリューションの展開、ワイヤレステクノロジーの構成などルーティングテクノロジーとネットワークデバイスを実装する
    3. 事業を確実に継続していくためにネットワークを監視、最適化する
    4. あらゆる脅威からネットワークを守るためセキュリティのコンセプトとネットワークへの攻撃を理解する
    5. 一般的なケーブル、接続性の問題、またネットワークに関連するソフトウェアの障害をトラブルシューティングする

この試験では受験資格としての前提資格や実務経験は求められません。 一方で、以下のような推奨経験が望ましいとされています。

    • CompTIA A+認定資格、またはそれ同等の知識とスキルをお持ちの上で受験

CompTIA認定資格には、以下の認定試験があります。CompTIAの認定試験はPre-professional(レベル1)、Entry-level(レベル2)、Early-carrer(レベル3)、Experienced(レベル4)、Expert(レベル5)の5つの区分があり、それぞれ試験の難易度を表しています。

区分 試験名 難易度
CORE CompTIA IT Fundamentals (ITF+) Pre-professional
  CompTIA A+ Entry-level
  CompTIA Network+ Early-carrer
  CompTIA Security+ Experienced – Expert
INFRASTRUCTURE CompTIA Server+ Early-carrer – Experienced
  CompTIA Linux+ Early-carrer – Experienced
  CompTIA Cloud+ Expert
CYBERSECURITY CompTIA CySA+ Experienced – Expert
  CompTIA PenTest+ Experienced – Expert
  CompTIA CASP+ Expert
DATA AND ANALYTICS CompTIA Data+ Early-carrer
ADDITIONAL PROFESSIONAL CompTIA CTT+ Experienced
  CompTIA Project+ Experienced – Expert
  CompTIA Cloud Essentials+ Expert

CompTIA Security+についての詳しい情報は、以下で解説しています。

【無料問題集付き】CompTIA Security+とは?試験の難易度や試験内容、勉強時間を解説します。
CompTIA Security+とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! CompTIA Security+(コンプティア セキュリティ プラス)は、基礎レベルのITセキュリティプロフェッショナルに求められるスキルを評価する国際的に認...

認定試験に関して詳しくはCompTIA公式サイトをご確認ください。

CompTIA Network+の概要

CompTIAが運営する認定資格のうち、COREと呼ばれる、中心となる試験は4つ(CompTIA IT Fundamentals、CompTIA A+、CompTIA Network+、CompTIA Security+)あります。

CompTIA Network+は初級~中級レベルの難易度です。

CompTIA Network+に合格すれば、基礎レベルのITセキュリティプロフェッショナルに求められるスキルもつITエンジニアとして、一定以上の技術力があることを示すことができます。

項目 概要
試験名 N10-008: CompTIA Network+
試験内容 企業で利用されるネットワークをセキュアに接続、維持、トラブルシューティングするためのスキルに関する幅広い知識
試験日 通年実施
試験時間 90分
問題数 最大90問
合格点 720 (100~900のスコア形式)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式
単一/複数選択、パフォーマンスベーステスト
受験場所 テストセンター、自宅受験(ピアソンVUE)
受験料 46,284円(税込み)
合格率 不明 ※非公開

CompTIA Network+の出題内容

CompTIA Network+の出題範囲には、以下の項目が挙げられます。

  1. 攻撃、脅威、脆弱性・・・24%
    • スター / ハブアンドスポーク、イーサネット規格、IPv4 と IPv6 など
  2. ネットワークの実装・・・19%
    • 802.11 規格、暗号化規格、ポート構成 など
  3. ネットワークオペレーション・・・16%
    • SNMP、冗長性と高可用性 (HA) に関するコンセプト、インターフェースの統計情報 / ステータス など
  4. ネットワークセキュリティ・・・19%
    • On-Path 攻撃(旧称:中間者攻撃)、多層防御、ソーシャルエンジニアリング など
  5. ネットワークのトラブルシューティング・・・22%
    • ブロードキャストストーム、ポートスキャナー、光時間領域反射率計 (OTDR) など

出題内容について詳しくはCompTIA公式ドキュメント(pdf)をご確認ください。

CompTIA Network+の勉強時間と合格するためのポイント

CompTIA Security+の勉強時間目安は、30時間~60時間です。一日1時間の勉強時間を設けると仮定すると、1カ月から2カ月の対策期間を設ける必要があります。

学習時間は学習開始時点での経験や知識によって大きく左右されますが、CompTIA Network+の出題範囲は広いため、資格取得までの勉強時間は長めになってしまいます。

例として、以下の問題が即答できない場合は、2ヶ月程度での学習を想定したほうが良いでしょう。

 
次のパスワードのうち、ブルート フォース攻撃に対する最善の防御策となるものはどれですか。
①P3!3@$w5rd
②Password
③p@$$word!
④SecretPasswordForAdministrator
正解:①(解説は、当サイト問題集より参照ください!)

また、CompTIA認定資格全般に当てはまる注意点ですが、CompTIA認定試験の日本語表現にはクセがあるため、本番試験前に慣れておく必要があります。 分かりやすい教材で学んだのみで本番試験に臨むと、面食らってしまう可能性が大きくあります。

まとめ:CompTIA Network+試験について

CompTIA Network+試験についてまとめると、以下のようになります。

まとめ
  • CompTIA Network+は企業で利用されるネットワークをセキュアに接続、維持、トラブルシューティングするためのスキルに関する幅広い知識が問われる、初級~中級のCompTIA認定資格
  • 90分で90問前後が出題され、合格ラインは80%
  • セキュリティに関する業務経験が十分にあるエンジニアで最短1か月、エントリーレベルのITエンジニアで最長2か月程度の勉強時間が必要である
  • CompTIA認定試験は問題文、用語の日本語表現に癖があり、本番試験前に慣れておく必要がある

当Webサイトでは、CompTIA Network+の模擬問題集に無料でアクセスすることができます!

当Webサイトの教材は本番に近いレベル、日本語表現を再現しております。こちらで勉強頂き、解説を理解したうえで合格レベルの知識をつけることで、大きく合格に近づくことができます。

「IT Concepts Japan」では、無料会員登録をすることで、100問以上のCompTIA Network+の模擬問題集に無期限でアクセスすることが可能です!

累計利用者25,000人以上、Azure, GCP, CompTIAの合格実績に定評がある当問題集を、この機会に是非お試しください。

N10-008: CompTIA Network+ 問題集
充実した解答、解説付きのCompTIA Network+ 問題集に無料でアクセスすることができます。