【無料問題集付き】AZ-900試験とは?試験の難易度や試験内容、勉強時間を有資格者が解説します。

くらうど まにあ子

都内ITベンチャーのSREエンジニア。
IT未経験(文学部卒)からSIerでキャリアを開始し、現在エンジニア歴は7年程度。
資格勉強が好きな自称資格オタク。
Azure資格10冠/GCP資格5冠

くらうど まにあ子をフォローする

↓無期限無料・合格者多数のAZ-900対策問題集(全220問)はこちら↓

AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals 問題集
充実した解答、解説付きのAZ-900: Microsoft Azure Fundamentals 問題集に無料でアクセスすることができます。

 

AZ-900試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説!

AZ-900試験は、初級レベルのクラウドコンピューティングに関するスキルを評価する、Microsoft Azureの認定資格試験です。

この試験は、クラウドに関する基本的な概念やAzureの基礎的なサービスに関する知識をテストします。受験者がクラウド技術の基本を理解し、Azureのリソースのデプロイメントや基本的な運用管理を行う能力を持っているかどうかを評価します。

この試験では以下に関する知識が問われます。

・クラウドコンセプトやAzureサービスに関する基礎的な知識
・Azureポータルの基本的な操作
・仮想マシン、ストレージ、ネットワーキング、セキュリティに関する基本的な理解
・Azureの価格体系やサポートオプションに関する知識

この試験では受験資格としての前提資格や実務経験は求められず、年齢・国籍を問わずどなたでも受験が可能です。

Microsoft Azureへの初めてのアプローチや、基礎的なスキル向上を目指す方に最適な資格試験となっています。

「次案件で、Azureを使うことになった」という方や、「とりあえずMicrosoft Azureについて学んでみたい!」と考えている方には、とってもオススメのIT資格試験です!

AZ-900の他に、Microsoft Azureの資格には、以下のようなものがあります。資格名をクリックすると、各資格の解説が記載されたページに移動します。

資格名 認定試験レベル 主要な内容 試験の需要 知名度
MS-900: Microsoft 365 Fundamentals Fundamentals Microsoft 365 の機能に関する基礎的な知識
AI-900: Azure AI Fundamentals Fundamentals AI全般、またはAzureに関係するAIの基礎的な知識
DP-900: Azure Data Fundamentals Fundamentals クラウドでデータの操作全般、またはAzureのデータサービスに関する基礎的な知識
AZ-900: Azure Fundamentals Fundamentals クラウドの概念全般、特に Azure に関する基本的な知識 超高
PL-900: Power Platform Fundamentals Fundamentals Microsoft Power Platform に関する基礎的な知識
 SC-900: Security, Compliance, and Identity Fundamentals Fundamentals セキュリティ、コンプライアンス全般、特にAzure に関するセキュリティの基本的な知識
AZ-104: Microsoft Azure Administrator ロールベース(中級) Microsoft Azure 環境の実装、管理、監視に関する専門的な知識 超高
AZ-204: Azure Developer Associate ロールベース(中級) Microsoft Azureの中級レベルの開発すべてのフェーズに関する専門的な知識
AZ-500: Azure Security Engineer Associate ロールベース(中級) Microsoft Azureの中級レベルのセキュリティ制御に関する専門的な知識
AZ-305: Microsoft Azure Infrastructure Solutions の設計 ロールベース(上級) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションに関する専門的な知識

上記を含む、Microsoft Azure認定試験の全22種類の説明や、資格の有効期限や資格取得のメリットなど、詳しい情報は以下で解説しています。

【無料問題集付き】Microsoft Azure 認定資格とは?主要22種類の難易度やメリット、おすすめの勉強順を完全解説
↓無期限無料・合格者多数の Microsoft Azure 資格対策問題集はこちら↓ Microsoft Azureとは?主な特徴や、他クラウドサービスとの比較 Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)は、クラウドコンピ...

AZ-900試験の概要

Microsoft Azureの基礎的なスキルを証明するために受験される方には、「AZ-900」試験が用意されています。

この試験は、クラウドコンピューティングに関する基本的な知識と、Microsoft Azureの基礎的なサービスに関するスキルを評価します。

AZ-900試験は、数あるMicrosoft Azure資格の中でも非常に人気の高い資格です。

AZ-900試験のブランド価値は非常に高いと言えます💪

項目 概要
試験名 AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals
試験内容 クラウドコンピューティングの基本概念やAzureの主要なサービスに関する基礎知識
試験日 通年実施
試験時間 45分
問題数 小問:55~60問
合格点 700(1000点満点)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式
マウスによる選択方式
受験場所 テストセンター、自宅受験(ピアソンVUE)
受験料 一般: 13,200円(税込)
学生: 7,700円(税込)
合格率 不明 ※非公開
有効期限 なし

AZ-900試験の出題内容と重要なキーワード、所感

AZ-900試験の出題範囲には、以下の項目が挙げられます。

・クラウドの概念について説明する (25–30%)
・Azure のアーキテクチャとサービスについて説明する (35–40%)
・Azure の管理とガバナンスについて説明する (30–35%)

それぞれの出題範囲について、重要な点や、所感などをまとめたものが、以下の表になります。試験対策の参考にしてください。

区分 重要なキーワード、所感など
クラウドの概念について説明する

クラウドコンピューティングの基本的な原則を理解しましょう。Microsoft Azureに囚われない、一般的なクラウドの特徴が問われます。

  1. 基本概念の把握: クラウドの定義、メリット、共同責任モデル(IaaS、PaaS、SaaS)、従量課金モデルの理解

  2. クラウドの特徴: 高可用性、フォールト トレランス、弾力性、ディザスター リカバリー、敏捷性などの概念や特徴の理解。

Azure のアーキテクチャとサービスについて説明する

Microsoft Azureにおける全体の概要から具体的なサービスまで理解を深める必要があります。

  1. 基本的なアーキテクチャの理解: Azureのクラウドアーキテクチャ、リージョン、アベイラビリティゾーンなどの基本的な概念

  2. 主要なサービスの特徴: 主要なAzureサービス(仮想マシン、Azure Blob Storage、Azure SQL Databaseなど)の特徴や用途の理解

  3. サービスの関連性: 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) やネットワークサービス、Microsoft Entra IDを使ったセキュリティ・認証方法などの理解

Azure の管理とガバナンスについて説明する

「Azure のアーキテクチャとサービスについて説明する」のセクション同様、Microsoft Azureサービス特有のコスト管理、コンプライアンス管理についての知識が問われます。

  1. リソース管理:Azure Resource ManagerやAzure ARMなどを使用した、リソースの作成、更新、削除の基本的な管理操作

  2. リソース監視: Azure Service Health、Azure Advisor、Azure Monitorを活用した、リソースのモニタリングやアクティビティログの確認方法

  3. コスト管理: Azure のコストに影響する可能性がある要因や、料金計算ツールの理解

  4. ポリシーとコンプライアンス: リソース ロックの概要、Microsoft Purview、Azure Policy

AZ-900試験に合格するには、Azureが提供するサービス名称の特徴を正しく把握しておくことが超重要です!!

主要なAzureサービスと、その機能については必ず押さえておくようにしましょう。

また、管理グループ、サブスクリプション、リソースグループをはじめとする、Azureのリソース管理に関する用語や考え方には少しクセがありますので、要注意です🔥

AZ-900試験の勉強時間と合格するためのポイント

AZ-900試験を勉強する時間の目安は以下の通りです。

  • Microsoft Azureの業務経験がある方・・・2週間
  • Microsoft Azure以外のクラウドサービスの業務経験がある方・・・1か月
  • クラウドサービスの経験がない、エントリーレベルのITエンジニア・・・2カ月

私の場合、キャリア初期の「Microsoft Azure って何?」っていう状態から勉強開始しました。
2回目の受験で合格して、合計2カ月の勉強期間となりました。

私が1回目のAZ-900試験に落ちたときの失敗談や、効果的な試験対策について以下で解説しています。

AZ-900に1回落ちたからこそ分かる、不合格になる人の特徴とは?最短で合格するための効果的な勉強方法を解説します。
↓無期限無料・合格者多数のAZ-900対策問題集(全220問)はこちら↓ AZ-900試験は、初級レベルのクラウドコンピューティングに関するスキルを評価する、Microsoft Azureの認定資格試験です。 AZ-900試験は数あるAzu...

AZ-900試験を一夜漬けで臨む場合は、問題集を少なくとも1周はしておきましょう。試験範囲全体を網羅し、不足している知識を突貫で身につける対策が効率的です。

また、AZ-900試験は、Azureサービスの広い知識が要求されるため、実務レベルの知識があっても合格できるとは限りません。余裕を持って合格したいなら、少なくとも3日間の勉強期間は必要です。

例えば、AZ-900では、以下のような問題が出題されます。

 

Azure のアベイラビリティ ゾーンについて、正しい記述は次のうちどれですか。

① 2 つの大陸にまたがっている
②単一の Azure リージョン内にある
③複数の Azure リージョンにある
④単一の Azure データ センター内にある

正解:②(解説は、当サイト問題集より参照ください!)

Microsoft Azureに全く触ったことがない方は、まず自分の手でAzureサービスを触ってみることを強くお勧めします。

問題を解いたり、参考書を読むだけでは、どうしてもイメージがつかず、理解が難しいと感じる方が多くいらっしゃいます。

Azureに関する実務経験がない方は、マイクロソフト公式サイトで用意されているラーニングパスに沿って学習を進めましょう。

逆に、AZ-900の設問レベルが低く感じる方は、「AZ-104」の挑戦を検討することをお勧めします。

【無料問題集付き】AZ-104試験とは?試験の難易度や試験内容、勉強時間を解説します。
↓無期限無料・合格者多数のAZ-104対策問題集(全247問)はこちら↓ AZ-104試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説! AZ-104試験は、中級レベルのクラウド管理と運用に関するスキルを評価する、Microsoft Azur...

まとめ:AZ-900試験について

AZ-900試験についてまとめると、以下のようになります。

まとめ
  • AZ-900はクラウドコンピューティングの基本概念やAzureの主要なサービスに関する基礎知識が問われる、初級レベルのMicrosoft Azure認定資格
  • 45分で55~60問が出題され、合格ラインは70%
  • Azureの業務経験のあるエンジニアで最短2週間、それ以外のエントリーレベルのITエンジニアで最大2か月程度の勉強時間が必要である
  • 初学者はマイクロソフト公式サイトのラーニングパスに沿って手を動かしながら学ぶ
  • AZ-900の難易度が易しすぎるように感じる方は、中級資格であるAZ-104の挑戦をお勧めする

当Webサイトでは、AZ-900の模擬問題集に無料でアクセスすることができます!

「IT Concepts Japan」では、無料会員登録をすることで、90問以上のAZ-900の模擬問題集に無期限でアクセスすることが可能です!

最短で試験に合格したいなら、問題集を繰り返し解くのが一番早いです!

IT Concepts Japanの問題集は、本番試験と同等・同難易度の模擬問題を多数収録しているので、この問題集だけで合格することができます!🔥💪

累計利用者25,000人以上、Azure, GCP, CompTIAの合格実績に定評がある当問題集を、この機会に是非お試しください。

AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals 問題集
充実した解答、解説付きのAZ-900: Microsoft Azure Fundamentals 問題集に無料でアクセスすることができます。