【無料問題集付き】DP-900試験とは?試験の難易度や試験内容、勉強時間を解説します。

DP-900試験とは?試験を受けるべき対象者や難易度を解説!

DP-900試験は、初級レベルのデータプラットフォームに関するスキルを評価する、Microsoft Azureの認定資格試験です。

この試験は、データプラットフォームに関する基本的な概念やAzureの基礎的なサービスに関する知識をテストします。受験者がデータプラットフォームの基本を理解し、Azureのデータサービスのデプロイメントや基本的な運用管理を行う能力を持っているかどうかを評価します。

この試験では以下に関する知識が問われます。

  • データプラットフォームコンセプトやAzureデータサービスに関する基礎的な知識
  • Azureポータルの基本的な操作
  • データベース、データウェアハウス、データレイク、データファクトリに関する基本的な理解
  • Azureの価格体系やサポートオプションに関する知識

この試験では受験資格としての前提資格や実務経験は求められず、年齢・国籍を問わずどなたでも受験が可能です。

Microsoft Azureへの初めてのアプローチや、データプラットフォームの基礎的なスキル向上を目指す方に最適な資格試験となっています。

DP-900の他に、Microsoft Azureの資格には、以下のようなものがあります。資格名をクリックすると、各資格の解説が記載されたページに移動します。

資格名 認定試験レベル 主要な内容 試験の需要 知名度
MS-900: Microsoft 365 Fundamentals Fundamentals Microsoft 365 の機能に関する基礎的な知識
AI-900: Azure AI Fundamentals Fundamentals AI全般、またはAzureに関係するAIの基礎的な知識
DP-900: Azure Data Fundamentals Fundamentals クラウドでデータの操作全般、またはAzureのデータサービスに関する基礎的な知識
AZ-900: Azure Fundamentals Fundamentals クラウドの概念全般、特に Azure に関する基本的な知識 超高
PL-900: Power Platform Fundamentals Fundamentals Microsoft Power Platform に関する基礎的な知識
 SC-900: Security, Compliance, and Identity Fundamentals Fundamentals セキュリティ、コンプライアンス全般、特にAzure に関するセキュリティの基本的な知識
AZ-104: Microsoft Azure Administrator ロールベース(中級) Microsoft Azure 環境の実装、管理、監視に関する専門的な知識 超高
AZ-305: Microsoft Azure Infrastructure Solutions の設計 ロールベース(上級) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションに関する専門的な知識

上記を含む、Microsoft Azure認定試験の全22種類の説明や、資格の有効期限や資格取得のメリットなど、詳しい情報は以下で解説しています。

【無料問題集付き】Microsoft Azure 認定資格とは?主要22種類の難易度やメリット、おすすめの勉強順を完全解説
Microsoft Azureとは?主な特徴や、他クラウドサービスとの比較 Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)は、クラウドコンピューティングプラットフォームとして提供されているMicrosoftのサービスです。 ク...

DP-900試験の概要

クラウドでのデータの操作全般、またはAzureのデータサービスに関する基礎的な知識を証明するために受験される方には、「DP-900」試験が用意されています。

項目 概要
試験名 DP-900: Microsoft Azure Data Fundamentals
試験内容 クラウドでのデータの操作全般、またはAzureのデータサービスに関する基礎的な知識
試験日 通年実施
試験時間 45分
問題数 小問:55~60問
合格点 700(1000点満点)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式 マウスによる選択方式
受験場所 テストセンター、自宅受験(ピアソンVUE)
受験料 一般: 13,200円(税込) 学生: 7,700円(税込)
合格率 不明 ※非公開

DP-900試験の出題内容と重要なキーワード、所感

当サービスでは、DP-900の全試験範囲を1時間弱で説明した【資格取得対策講座】を全無料で公開しています!

試験に出るところだけを重点的に説明した、無駄のない解説講座となっています。試験を受ける前に是非ご視聴ください。

DP-900試験の出題範囲には、以下の項目が挙げられます。

  • データの主要概念を説明する (25-30%)
  • Azure 上のリレーショナル データの考慮事項を特定する (20-25%)
  • Azure 上の非リレーショナル データの操作の考慮事項について説明する (15-20%)
  • Azureの分析ワークロードについて説明する (25-30%)

それぞれの出題範囲について、重要な点や、所感などをまとめたものが、以下の表になります。試験対策の参考にしてください。

区分 重要なキーワード、所感など
データの主要概念を説明する データ処理の基本的な原則を理解しましょう。データロールとサービスは、Azure固有の用語で定義されているため、理解しておく必要があります。
  1. データの基本概念の理解: データの定義、種類(構造化データ、非構造化データ)、およびデータのライフサイクルについての基本的な概念
  2. データモデリングの基礎: データモデル、リレーショナルデータベースの原則、および異なるトランザクション処理についての理解
  3. データロールとサービス: データベース管理者、データエンジニア、データアナリスト、データサイエンティストの概念と違い
Azure 上のリレーショナル データの考慮事項を特定する リレーショナルデータベースを業務で使用した経験のある方にとっては容易な内容です。
  1. リレーショナルデータの理解: リレーショナルデータベース、SQL、データベースオブジェクトの基本的な理解
  2. Azure上のリレーショナルデータサービス理解: Azure SQL DatabaseやAzure Database for MySQLなど、異なるリレーショナルデータサービスの特徴や利点を理解します。
Azure 上の非リレーショナル データの操作の考慮事項について説明する Microsoft AzureにおけるNoSQLデータベースサービスの種類について問われます。特にAzure Cosmos DBについて詳しく知っておく必要があります。
  1. Microsoft Azureにおける非リレーショナルデータストアの理解: Azure BLOB StorageやAzure Data Lake Storage Gen2、Azure Filesなどの概要や理解
  2. Azure Cosmos DBの概要: Azure Cosmos DBでのデータのモデリングやパーティショニングの手法やAPIについての理解
Azureの分析ワークロードについて説明する 出題範囲が広く、特にデータ可視化(Microsoft Power BI)については固有の概念が多数登場するため、時間をかけて対策する必要があります。
  1. Azure分析サービスの理解: Azure Synapse AnalyticsやAzure Databricksなどの異なる分析サービスの特徴や用途
  2. データの取り込みと変換: 分析ワークロードでのデータの取り込み方法や、ELTツール/ETLツール/データインジェストの違いや変換処理についての理解、データパイプラインの構築手法
  3. データの可視化とレポート: Power BIを使用したデータの視覚化やレポート作成の基本、データ可視化の概念の理解

試験内容についてのより詳しい情報はマイクロソフト公式サイトよりご確認ください。

DP-900試験の勉強時間と合格するためのポイント

DP-900試験を勉強する時間の目安は以下の通りです。

  • データベースに関連する業務経験がある方・・・1カ月
  • データベースの経験がない、エントリーレベルのITエンジニア・・・2カ月

DP-900試験では、Microsoft Azureのデータベースサービス名を問う問題が半分以上出題されます。一般的なデータベースに関する知識がある場合でも、Microsoft Azure固有の概念について理解しておく必要があります。

例えば、DP-900では、以下のような問題が出題されます。

 

Azure BLOB Storage から BLOB を自動的に削除するには、 何を使用する必要がありますか。

①論理的な削除
②アーカイブストレージ
③ライフサイクル管理ポリシー
④変更フィード

正解:③(解説は、当サイト問題集より参照ください!)

まとめ:DP-900試験について

DP-900試験についてまとめると、以下のようになります。

まとめ
  • DP-900はクラウドでのデータの操作全般、またはAzureのデータサービスに関する基礎的な知識が問われる、初級レベルのMicrosoft Azure認定資格
  • 45分で55~60問が出題され、合格ラインは70%
  • データベースに関する業務経験のあるエンジニアで1か月、それ以外のエントリーレベルのITエンジニアで2か月程度の勉強時間が必要である

当Webサイトでは、DP-900の模擬問題集に無料でアクセスすることができます!

「IT Concepts Japan」では、無料会員登録をすることで、30問以上のDP-900の模擬問題集に無期限でアクセスすることが可能です!

累計利用者25,000人以上、Azure, GCP, CompTIAの合格実績に定評がある当問題集を、この機会に是非お試しください。

https://it-concepts-japan.com/dp-900-microsoft-azure-ai-fundamentals